高田雄太容疑者の顔写真,画像は?飲酒自粛中の柳川市消防本部でまた酒気帯び運転

高田雄太容疑者の顔写真,画像は?飲酒自粛中の柳川市消防本部でまた酒気帯び運転人物
高田雄太容疑者の顔写真,画像は?飲酒自粛中の柳川市消防本部でまた酒気帯び運転

2024年2月6日に福岡県柳川市久々原の消防本部消防士長の高田雄太容疑者道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で現行犯逮捕されました。

柳川市消防本部では2024年1月18日に別の消防士長が酒気帯び運転容疑で逮捕されたばかりで1か月の飲酒自粛をしていたとのこと。

今回の記事では、高田雄太容疑者の顔写真,画像は?飲酒自粛中の柳川市消防本部でまた酒気帯び運転について調査しました。

是非最後までご覧ください。

飲酒自粛中の柳川市久々原消防本部でまた酒気帯び運転

事件は、

概要:2024年2月6日に福岡県柳川市久々原の消防本部消防士長の高田雄太容疑者道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で現行犯逮捕されました。

なお、柳川市消防本部では2024年1月18日に別の消防士長が酒気帯び運転容疑で逮捕されたばかりで1か月の飲酒自粛をしていたとのこと。

犯人:高田雄太容疑者

高田雄太容疑者は、2024年1月18日に別の消防士長が酒気帯び運転容疑で逮捕されたばかりで1か月の飲酒自粛を呼びかけられていたにもかかわらず酒気帯び運転で逮捕されています。呼気1リットルあたり0・38ミリグラムのアルコールが検出されたとのこと。

別の消防士長が逮捕されて飲酒自粛中にもかかわらず、消防本部の消防士長という立場の人が守れないということが残念でなりません。業務が多忙で飲酒を控えることができなかったのかもしれませんが、既に逮捕者が出ているので自粛すべきですよね。

もっと酒気帯び運転の恐ろしさを自覚して、しっかりと守ってほしいと思います。人身事故が起こる前で良かったと言えるでしょう。

福岡県警柳川署は6日、柳川市久々原、同市消防本部消防士長、高田雄太容疑者(29)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。逮捕容疑は同日午前4時55分ごろ、同市三橋町今古賀の国道208号で、酒気を帯びた状態で所有する乗用車を運転したとしている。同署によると、パトカーが低速で走る車を見つけ、呼気1リットルあたり0・38ミリグラムのアルコールが検出された。

毎日新聞より

高田雄太容疑者者の顔画像

高田雄太容疑者の顔画像について調査したところ、

顔画像は公開されていませんでした。

情報が公開され次第更新したいと思います。

高田雄太容疑者のプロフィール

高田雄太容疑者のプロフィールについて調査したところ

名前:高田雄太
年齢: 29歳
住所:不明
職業: 柳川市久々原
容疑:酒気帯び運転の疑い

となっています。

高田雄太容疑者はなぜ酒気帯び運転?その理由とは?

高田雄太容疑者の酒気帯び運転の理由について調査したところ、

「福岡市内の居酒屋でビールなどを飲んだが、車で6時間ほど寝たので大丈夫だと思った」

とのこと。6時間でアルコールが抜けると思っているところや、飲酒自粛中に居酒屋で飲んでいるところを考えると、とても逮捕者がでた消防本部という自覚があるとは思えませんよね。

世間の反応

世間の反応について調査したところ、

「消防職員は飲み会、飲み会、一杯飲みとか本当に好きな職員が多いみたい。一方で、お酒が飲めない職員、お酒が弱い職員も居ると思います。24時間勤務の非番の夜に飲み会を開催すると、当然、翌日は酒が残ります。実際は通勤をバイクや車でしている職員は飲酒運転状態の場合が多いと思います。」

「消防長は「飲酒運転は殺人行為」本当にその通り、しかし政治家さん達はそう思っていないみたいですね。 無くすことは出来なくても減らすことは可能なのに。 更なる厳罰化を望みます。」

「上層部も懲戒処分お願いします。上層部は最低でも減給以上にしてもらいたい。そのくらい責任は重いし、反省の色が全くみられないため、消防本部全体に責任がある。」

このように、飲酒運転をする人に対して、しっかりと罰してほしいとの意見やが多くありました。

また、飲酒運転は殺人行為との消防庁の意見に賛同する声も非常に多いです。毎日のように飲酒運転で逮捕される人がいるので、人身事故を起こす前にどうにかやめてほしいものです。

タイトルとURLをコピーしました